東京写真連盟 所沢航空記念公園撮影会090215

【東京写真連盟 所沢航空記念公園撮影会090215】

2月の東写です。
会場は埼玉県所沢市、所沢航空記念公園。
西武新宿線の航空公園駅を降りると、実物のYS-11がお出迎えしてくれます。
集合場所は野外ステージで、階段状の観客席と、一応屋根もあるところでした。
今回は「雨天決行」だったのですが、雨だったらずっとこの野外ステージで撮影だったんだろうか?
つくづく降らなくて良かった、と思いましたw。

午前中はやや曇りで、光線状態はもうひとつでしたが、午後からは日も出てきて
撮影会日和となりました。
一般客も非常に多いので、背景には子供やら親子連れやらが入りまくりでしたが、
公園内は起伏が結構あって、なかなか面白い会場でした。

開始からしばらくはスタンプラリーモードで何人かのモデルさんを回っていましたが、
午前中中盤からは藤沢友里さんに張り付きです。
他には30~40人を常に引き連れていた大人気のモデルさんがいたと思いきや、
2~3人でほとんど個撮同然だった人もいたとか!?

★ 藤沢友里さん ★ 

午前中盤から張り付いた、本日のターゲット。
整った顔立ちの美人さんです。
私の好みなんですが、「眼に力」を感じる人にグッと来ますw。

DSC_0384.jpg
Camera:Nikon D300
Lens:AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

昨年末の石神井公園にも出演されていたそうですが、ノーマークでした。
「宣材写真はアテにならない」の好例のようなモデルさんだなぁという感じです。
別に宣材写真が悪いということではなくて、宣材写真からは想像できなかったような
表情をしてくれると、ドキッとします。
いい意味で予想を裏切ってくれました。

その他の写真はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : 藤沢友里

Fresh!野外撮影会090208

【Fresh!野外撮影会090208】

こんなことを書いておいて、また行ったのかよ?」

なんてツッコミたくなった人、ここから先は読まずに即刻去れ!
「何か思うところがあって行ったんだよね」と思う前向きな思考の方は
引き続いてどうぞ(笑)。

●前置き
とりあえず、天気が良かったので。(いい訳その1)

レフ持ちのオネーチャンの「声掛けはしないでください」という衝撃の発言により、
皆がほぼ無言でシャッターを切る光景に唖然とした前回でしたが、
ネットでは「普通にポージング指示できたよ」なんて書き込みもチラホラ。
自分のいたグループがそういう雰囲気なだけだったのか?なんて思い、
真実を確かめなければ!という使命感に燃えて突撃してみた次第です。(いい訳その2)

●本題
天気は快晴でしたが、やや風の強い中でのスタートでした。
モデルさんは1人体調不良で欠席。7名でした。

最初は誰と決めずに、2~3人ほどのモデルさんを撮っていましたが、やはり誰も声掛けしない!
今回は「声掛けしないで」とは言ってませんでしたが、皆さん無言でシャッターを切り続ける。
結構多くの人数を引き連れたグループだったので、なかなか声掛けしづらいところはありますが
非常に静かに進んでいきます。

この静かな状況に耐えられずに、ちょっと人数少なめのグループへ移動。
そうするとみんな好き勝手に目線要求もするし、ポージング指示もする。
レフ持ち君もそれを咎めるようなこともしません。
やっぱこういうほうが居心地がいいw。
結局最後まで同じグループに張り付くことになりました。

●結論
前回のように「声掛けするな」というようなことはなかったです。
あれこれ言って咎められるようなことも無し。
要は「空気を読め」ってコトなのかな?
ひたすら静かに進行する撮影会よりも、少々うるさくても楽しく盛り上がったほうが
いいと思うんだけどねぇ・・・・・。

●問題点
「声掛け」は絶対にダメということではない、ということがわかりましたが、他に問題点アリ。
それは「レフ持ち君」たち。

今回はどうやら全員大学生?のバイト君だったようですが、これがどうにもならん!
おそらく写真やカメラに対する興味どころか、まともに触ったこともないような人たちだったようです。
何のためのレフ板なのか理解してないのでしょうね。まともに当たりゃしないw。

参加者に遠慮してレフ持ちが後ろへ下ったりするし、太陽の位置をまるで考えないところから
レフを当てようとしたり。
しまいには参加者数人が(私も含めて)レフ持ち君にレフの当て方の指導を始める始末w。
後半は「何とか上手くやろう」という努力も感じられましたが、レベル低すぎですw。

どうやら現場に来ている正規のスタッフは2~3人。正規スタッフ2人が各4人ずつのバイト君に
撮影場所やら時間配分の指示を出しているようでした。

「参加費が安いんだから仕方が無い」という見方もあるかもしれませんが、あまりにもお粗末。
これから長く大撮を運営するつもりだとしたら、もうちょっとどうにかして欲しいです。

★ 井上実紀さん ★ →Blog

長い文章を読んでいただいてありがとうございましたw。やっと本日の画像。
午前中の後半から張り付いていた井上実紀さんです。
赤いチェックの服が可愛らしいですね。
午後は髪型をアップにしてましたが、風が強いせいで写真で見るとイマイチになってしまいました。
個人的に、午前の衣装のほうが好みなので今回はほとんど午前の写真ばかりです。

DSC_1121.jpg
Camera:Nikon D300
Lens:Carl Zeiss Planar T* 1.4/85 ZF

●まとめ
ネットでいろいろ話題になってる「Fresh大撮影会」ですが、もうちょっと頑張ってほしいですね。
まだ4回目というのか、もう4回目と言うのか・・・・。

いまのところ、自分の中での大撮プライオリティは下記のようになりました。

    東写  >  ビバ  >  Fresh  >  全東

Freshと全東の差は参加費用かな(笑)。
開催が重複したら、こんな優先順位になるかと思います。

その他の写真はこちら

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : 井上実紀

modelmaker撮影会090201

【modelmaker撮影会090201】

今週はmodelmakerです。
大撮は安くて気軽に参加できるという利点はあるのですが、ポジション取りやポージング等、
自由にならないことが非常に多いです、
1日参加して、数百枚も撮影しても「当たり」と思えるカットは良くて30枚もあるかどうか、
なんてこともザラです。
で、撮影の自由度を求めてたま~にmodelmakerへ行ってみるのです。

前回もそうでしたが、モデメに来ると使用レンズは24-70mm一本になってしまいます。
野外の大撮だと50mmと85mmがベストマッチなのですが、モデメだとやや長くなります。
基本的にモデルさんと1対1(順番撮り)なので、ポジションの自由度は非常に高いのですが、
周囲には他のモデルさんや参加者がいるのであまり引けないのです。
単焦点なら24mmか28mmくらいが良いのだろうけど、持ってないんですよねぇ・・・・。
ということで24-70mmナノクリズーム一本勝負です。

★ 篠崎ゆんさん ★

1部と2部で撮らせていただきました。3部は佐藤華さん、4部は舞浜エリカさんでしたが、
一番たくさん撮らせてもらったので、代表で掲載させて頂きます。
佐藤さんと舞浜さんはオンラインアルバムに掲載しています。

本日、初めて撮影モデルをするという篠崎さんでしたが、記念すべきファーストショットは
私が頂きました!
可愛いですねぇ~。初めての撮影とは思えないほど落ち着いた感じがしました。
彼女も眼が印象的で、こういうモデルさんは大好きです。

DSC_0041.jpg
Camera:Nikon D300
Lens:AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED

1部は2階のスタジオで、2部は1階のカウンターです。
2階では豊富な光量と白い壁からくる白トビと格闘。逆に1階のカウンター周辺は
ライトを当てているにもかかわらず光量不足気味でシャッタースピードが上がらず。
ISO感度をもう少し上げて撮るべきでしたね。ややブレ気味になってしまいました。

自由度が高いだけに、どんなポーズでどんな構図で撮るかということに、頭を使います。
完全お任せでも撮れる大撮よりも疲れますが、満足度は高いですね。

その他の写真はこちら

テーマ : 女性ポートレート - ジャンル : 写真

タグ : 篠崎ゆん